資料詳細


【書誌情報】


誌名 環境と公害
巻号 2013WINTER 2013.01.25 V 0042 N 0003
発行所 岩波書店
価格 1260円
大きさ 26cm
刊行頻度 季刊 22日発売
誌名の注記 1,4,7,10月発売 1992−9/16号から「環境と公害」に改題
特集名 公害・環境紛争「解決」のその後
東日本大震災と原発事故〈シリーズ7〉
リレー・エッセイ RELAY ESSAY
オスプレイ問題で露呈,日本アセスの欠陥 Flaws in Japan’s EIA System Exposed by O
〈特集1〉公害・環境紛争「解決」のその後 What Happens After Environmental Disput
特集にあたって Introduction 礒野弥生
「よみがえれ!有明訴訟」の現状と展望 “Revive the Ariake Lawsuit!”:Current Stat
川辺川ダム中止と荒瀬ダム撤去の現状と課題 Kawabe River Dam Cancellation and Arase
豊島の環境再生の現状と課題 Teshima Island Environmental Restoration Progr
土壌汚染問題のその後 Progress Report on Soil Contamination Issue 畑明郎
八ツ場ダム問題と利根川・江戸川有識者会議 Yamba Dam Issue and Meeting of Experts
大気汚染裁判終結後の道路公害対策 Addressing Traffic Pollution after Air Poll
さんぽみち TIME OUT
「環境の時代」の後退? Retreat of the“Environmental Era”?2012 as the Cr
〈特集2〉東日本大震災と原発事故〈シリーズ7〉 Great East Japan Earthquake and the
現地報告
東電福島第一原発事故新生福島農業の実現への闘い TEPCO Fukushima Daiichi Accident:The
原発事故で先が見えない福島の漁業 Nuclear Accident Obscures the Future of Fuk
ホットスポットでの住民活動 Community‐Based Activities in Hotspots 菅野昌信
原発事故と向き合って Coming to Terms with Nuclear Power 原田俊二
福島県大熊町の原発避難者に対する聞き取り調査 Interview Survey with Nuclear‐Acciden
論文 ARTICLES
歴史分析としての環境政策論再考 A Reconsideration of Environmental Policy as
投稿論文
日本と韓国における軽油自動車排ガス規制の政治経済学 The Political Economy of Exhaust R
会議動向 CONFERENCE
オーフス条約第15回作業部会会合に参加・報告して Report on Participation in the 15th
文献解題 BOOK REVIEW
原発事故とエネルギー選択 Nuclear Accidents and Energy Choices 永井進
英文目次・編集後記
棚番号 E43
分野 公害・環境保全
利用対象 一般
保存期限 永年
旧誌名 公害研究
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

所蔵数:1冊 貸出数:0冊 予約数:0件
所蔵館所蔵数
総合市民図書館1冊
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
0010059368 総合館   H E43 123 書庫にあります。職員におたずねください。

検索条件指定へ戻る