資料詳細


【書誌情報】


誌名 環境と公害
巻号 2014SUMMER 2014.07.25 V 0044 N 0001
発行所 岩波書店
価格 1296円
大きさ 26cm
刊行頻度 季刊 22日発売
誌名の注記 1,4,7,10月発売 1992−9/16号から「環境と公害」に改題
特集名 原発再稼働に対抗する
東日本大震災と原発事故〈シリーズ13〉:分断される原発被害者と補償
地球温暖化の科学の最先端:IPCC第5次評価報告書が示すもの
リレー・エッセイ RELAY ESSAY
公害研究における学際性と国際性の伝統 The Interdisciplinary and International N
〈特集1〉原発再稼働に対抗する Countering Reactor Restarts
特集にあたって Introductory Remarks 保母武彦
福島原発事故のコストを誰が負担するのか Who Will Shoulder the Costs of the Fukus
大飯原発差し止めを求める京都の訴訟と運動 Kyoto Lawsuit and Campaign to Stop the
予防原則から再開阻止を Stopping Restarts Under the Precautionary Princi
事例報告 Reportage
玄海原発差止めをめぐる裁判と運動 Court Battle and Campaign to Stop the Genka
函館市による大間原発差止訴訟 Hakodate City’s Lawsuit Against the Oma NPP 住
論文 ARTICLE
泉南アスベスト国家賠償第2陣訴訟高裁判決の意義 Asbestos Damage and State Compensati
〈特集2〉東日本大震災と原発事故〈シリーズ13〉分断される原発被害者と補償 Great East Japan Earth
福島第一原発事故被害の完全救済に向けて Efforts Toward Complete Relief for Fukus
福島原発事故における被害の拡大過程と地域社会 How Damage from the Fukushima Nuclear
放射能災害下の子どものウェルビーイングの規定要因 Determinants of Child Well‐Being af
原発事故被害の多様性と共通性 Diversity and Shared Attributes of Nuclear Ac
賠償で分断される原発被害者 Nuclear Accident Victims Divided by Compensati
〈小特集〉地球温暖化の科学の最先端:IPCC第5次評価報告書が示すもの Cutting‐Edge Science on
気候変動の自然科学的根拠 Natural‐Science Basis for Climate Change:IPCC F
IPCC第5次報告:気候変動影響 Climate Change Impacts in the IPCC Fifth As
IPCC第5次評価報告書:緩和に関する対策の新たな知見 Mitigation Measures in the IPCC
書評 BOOK REVIEWS
山下祐介・市村高志・佐藤彰彦著『人間なき復興−原発避難と国民の「不理解」をめぐって』 Yusuke YAMASHITA,
斎藤浩編『原発の安全と行政・司法・学界の責任』 Hiroshi SAITO,ed.,Nuclear Safety and
英文目次・編集後記
棚番号 E43
分野 公害・環境保全
利用対象 一般
保存期限 永年
旧誌名 公害研究
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

所蔵数:1冊 貸出数:0冊 予約数:0件
所蔵館所蔵数
総合市民図書館1冊
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
0010162857 総合館   H E43 123 書庫にあります。職員におたずねください。

検索条件指定へ戻る