資料詳細


【書誌情報】


誌名 俳句
巻号 2015−2 2015.01.24 S 000820 V 0064 N 0003
発行所 角川書店
価格 1020円
大きさ 21cm
刊行頻度 月刊 25日発売
特集名 俳句上達のコツ
特別作品50句 正木ゆう子
特別企画 男の恋句、女の情句
カラー口絵
俳人の時間〈45〉山田佳乃
本文
新作5句 吐息 山田佳乃
思い出の写真から 日本伝統俳句協会賞 山田佳乃
旬を楽しむ 俳句ごよみ 如月 石田郷子‖文・選
結社歳時記 櫟
俳句の「窓」から〈8〉 異分野との対話 細谷亮太〈小児科医〉‖ゲスト
口絵
俳壇ヘッドライン 第13回鎌倉全国俳句大会 「秋麗」創刊5周年記念祝賀会 「日本橋倶楽部俳句会」100周年記念祝賀会 小
特別作品50句
昧爽 正木ゆう子
特別作品21句
名残りの世 齋藤愼爾
集落 西山睦
作品16句
童唄 永島靖子
玄冬 橋本榮治
作品8句
この冬は 関成美
初冬の伊那 城取信平
榾の宿 三田きえ子
人花に 水見壽男
作品12句
馬返し 澤好摩
冬銀河 荒井千佐代
狐 鈴木章和
青山の墓 四ツ谷龍
漣 甲斐由起子
大特集 俳句上達のコツ 「推敲」と「添削」に学ぶ!
〈1〉季語の選び方
季語は感性そのもの 鈴木太郎
季語を深く知る 山尾玉藻
〈2〉切字の効果
切れは自在に 高橋将夫
なぜ俳句は切るのか 「や」を例に 長嶺千晶
〈3〉動詞の効果
活用形変更で、明瞭な表現 田島和生
言い切りと重ね使い 山西雅子
〈4〉正しい「てにをは」
一字の言葉を生かす 鈴木貞雄
即物に執着すべし 上田日差子
〈5〉調べを整える
暗誦しながら作る 水田光雄
調べが作り出す効果 津川絵理子
〈実録講座〉小川軽舟×井上弘美がやさしく教える作句のヒント12 小川軽舟 井上弘美
男と女の恋くらべ
淡い表現が俳諧の恋 大輪靖宏
純情と決断 池田澄子
「壁ドン」から肉食系女子まで 今井聖
新しい「恋」を求めて 角谷昌子
季語の可能性と恋 押野裕
永遠と一瞬 田中亜美
特別寄稿 俳句の女性性をめぐって 額田王、芭蕉、子規、虚子、立子 高橋睦郎
俳句の「窓」から〈8〉医者と俳句 異分野との対話 日本の文化と自然を見つめ、新たな俳句の魅力を発見する! 細谷亮太〈小児
クローズ・アップ
今橋眞理子句集『風薫る』
新作5句「山毛欅林」/発刊に寄せて/自選20句抄 今橋眞理子
今橋眞理子小論 岩岡中正
一句鑑賞 宇多喜代子 大輪靖宏 太田土男 土肥あき子
第17回神奈川大学全国高校生俳句大賞結果発表!
今日の俳人〈作品7句〉
龍の玉 吉田成子
異界の火 飯野幸雄
カルトジオ会修道士の冬 佐藤映二
さやうなら 倉橋みどり
精鋭10句競詠
夕暮の気配 手銭誠
木の芽 藤本夕衣
わが名 兼城雄
矯正器具 小林鮎美
俳人スポットライト
牡丹焚 池川紀子
虎落笛 大垣鹿乃子
黄葉且つ散る 江口井子
冬の貌 竹内友子
句会レポート
超結社! 「虹の会」吟行会 句会は続くよ、どこまでも 仲寒蝉
確かな批評が新たな名句を生む 合評鼎談〈2〉『俳句』12月号を読む 行方克巳 中原道夫 神野紗希
俳句と歩く〈47〉漬物 梅干の来し方 宇多喜代子
九〇代の放言〈14〉新作3句「山越えの」/エッセイ「詩語としての無季語」 金子兜太
〈鑑賞〉俳句の時空〈23〉春雪三日 高野ムツオ
季語探訪 ゆたかなる日本のことば〈35〉おくのほそ道を歩く〈2〉 宮坂静生
俳句で夜遊び、はじめました〈13〉春日若宮おん祭 岸本葉子
今すぐ役立つ! 実作のための文語文法〈2〉「や」の効果的な使い方 佐藤郁良
こだわりの俳句講座−俳句は作った後が面白い〈第14講〉推敲〈12〉同じことの言い替え〈4〉 岸本尚毅
現代俳句時評〈2〉歴史的現在と「きれい」さ−二つのシンポジウムから 関悦史
俳句月評 今月の秀句鑑賞 川口真理
『俳句』添削教室 鈴木多江子 矢野景一 若井新一
平成俳壇
〈題詠〉〈雑詠〉発表! 坊城俊樹‖〈題詠〉選 伊藤敬子‖〈雑詠〉選 朝妻力‖〈雑詠〉選 出口善子‖〈雑詠〉選 戸恒東人‖
「酒の一句」入選作品発表! 太田和彦‖選
俳壇ニュース
読者アンケートのお願い
新刊サロン
1頁書評
棚番号 F28
分野 俳句
利用対象 一般
保存期限 5年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

所蔵数:1冊 貸出数:0冊 予約数:0件
所蔵館所蔵数
総合市民図書館1冊
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
0009894528 総合館   H F28 062 書庫にあります。職員におたずねください。

検索条件指定へ戻る