資料詳細


【書誌情報】


誌名 社会教育
巻号 2015−7 2015.07.01 S 000829 V 0070
発行所 日本青年館
価格 802円
大きさ 26cm
刊行頻度 月刊 28日発売
誌名の注記 2012年11月号より発行が日本社会教育連合会から日本青年館に変更
特集名 社会を支える仕組みとしてのサポーター
今月のことば
第23回世界スカウト・ジャンボリーの日本開催について 奥島孝康〈ボーイスカウト日本連盟理事長〉
市町村長室の窓から
地域づくりは社会教育がカギ 413キャンペーンによる社会教育活動の活性化に期待 鹿内博〈青森県青森市長〉
特別企画 社会教育実践研究センター50周年
「社研」の歴史をたどる 時代の変遷と「社研」の役割 再録 馬場祐次朗〈当時:国立教育政策研究所社会教育実践研究センターセ
社会教育実践研究センターに期待する 地方創生(社会教育振興)のキーは、長期研修講座と松戸寮の復活 小山忠弘〈元札幌国際大
国社研のさらなる充実・発展を願って 真柄正幸〈新潟市アグリパーク園長〉
「国社研」は「地域の活性化を担う人材育成の拠点」である 古市勝也〈九州共立大学教授〉
人と人、コトとコトをつなぐ社研 渡部靖之〈青森県教育庁生涯学習課学校地域連携推進監・課長代理〉
社研EYE〈28〉 国立教育政策研究所社会教育実践研究センター
特集 社会を支える仕組みとしてのサポーター 「学び合い・支え合い」による社会教育活動支援
論文
サポーターの時代「支え合う社会」への展望 薗田碩哉〈町田市社会教育委員の会議議長〉
ボランティア活動をサポートする 志を生かし、継続するために 大島まな〈九州女子大学教授〉
報告
震災復興における「文化の力」とは 仙台市の震災復興にみるサポーター力 大久保邦子〈文化ボランティアコーディネーター〉
提言
21世紀の公民館はみんなみんなサポーター 橘川恵介〈さくら市教育委員会氏家公民館長〉
まちづくりにおいての「サポーター」の機能・役割とその方向性について 澤内隆〈文教大学講師〉
企画連載
社会教育団体紹介 フライングディスク〜パイ皿からオリンピック・レガシーまで〜 齋藤勇太〈一般社団法人日本フライングディス
天野ひかりのGOOD MORNING〈Series4〉しつけとおしつけ? 天野ひかり
JICAボランティア国際協力通信〈Vol.15〉人生を変えた2年間 JICAボランティアビフォー/アフター 古河大輔〈青
情報化社会への対応〈4〉7月は「青少年の非行・被害防止全国強調月間」 教材紹介『スマホの安全な使い方教室〜気をつけようS
「現代的課題解決」のための活動〈第7回〉子どもの貧困問題に対する民間の取り組み 枡方瑞恵〈公益財団法人日本財団ソーシャル
◆そばでつなぐ人と地域◆−仲間づくり・地域づくり・自分づくり−〈第4回〉そばでつなぐ人と地域−仲間づくり・地域づくり・自
連載のページ
経済・金融学習 府中町公民館(広島県安芸郡)が特色ある金融経済学習講座(全2回)を開催
『スクール・コミュニティ』をみんなで創ろう 新しい学校づくりの方向〈26〉 吉田和夫〈東京都町田市社会教育委員〉
発想する!授業 みてみて! 松田道雄
新・まちづくり探訪記〈7〉未来の長島をライフプランニング 井上貴至
社会教育を見る眼 「気質」の問題 小田玲子
読書案内 榛名輝彦
社会教育教養講座「キーワードで見る社会教育」 今月のキーワード 社会教育連合会の出版から 蛭田道春
NWEC NEWS ご活用ください。男女共同参画に関する専門的・実践的な調査研究報告書
エルネットワーカーズ通信
第43回社会教育関係者懇親の集い『発表会文化論』書評会
CLOSE UP
社会教育主事が「社会教育の仕事」を高校生に語る
情報のページ
中央展望
受贈資料(雑誌・広報誌等)
NHK
放送大学
その他の情報
青年団かわらばん
棚番号 E32
分野 教育技術
利用対象 一般
保存期限 3年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

図書館に所蔵しておりません。

検索条件指定へ戻る