資料詳細


【書誌情報】


誌名 俳句
巻号 2015−12 2015.11.25 S 000830 V 0064 N 0013
発行所 角川書店
価格 920円
大きさ 21cm
刊行頻度 月刊 25日発売
特集名 「伝える力」の磨き方
特別作品21句 後藤比奈夫ほか
年賀状に添える一句
カラー口絵
俳人の愛した風景〈4〉鈴木真砂女(銀座) 江渡華子‖文
旬を楽しむ 俳句ごよみ 師走 石田郷子‖文・選
結社歳時記 風港
俳句の「窓」から−異分野との対話〈12〉ゲスト 川上弘美(小説家)
口絵
俳壇ヘッドライン 「風の道」創刊30周年記念祝賀会 創刊45周年記念「杉」のつどい 「くるみ」月刊化20周年祝賀会 第1
特別作品
21句
蟄居春秋 後藤比奈夫
落し水 小笠原和男
舳 山尾玉藻
作品
16句
擬態 大石悦子
今昔 嶋田麻紀
8句
月代 鈴木節子
芒の丈 桑原三郎
穴惑 奈良文夫
室の八嶋にて 加藤瑠璃子
七里ケ浜 田中貞雄
12句
雪の影 寺島ただし
秋水 矢野景一
声の記憶 中田尚子
長篠 坊城俊樹
冬陽 田中亜美
大特集 「伝える力」の磨き方 採られる句はココが違う!
特別講座 伝達と独自性の案配 金子兜太
伝わる俳句、伝わらない俳句
〈1〉言葉・素材を選ぶ〓感動に読み手を引き込む 西山睦
〈2〉最適な助詞を選ぶ〓いろいろな助詞を柔軟に選ぼう 戸恒東人
〈3〉語順を整える〓詩神はいつも留守がちだから 加藤かな文
〈4〉何を省略するか〓省略して想像させる 津川絵理子
〈5〉説明から抜け出す〓技法を超えて 岩岡中正
推敲で伝わった一句 山下美典 守屋明俊 岬雪夫 藤田直子 清水良郎 日下野由季
俳句の「窓」から−異分野との対話〈12〉読み手を信頼する 句会で得た「読み手への信頼感」が自身の小説に与えた影響について
ここで差がつく!作句のテクニック
干支の名句20句 駒木根淳子
年賀状の一句 鈴木太郎 名村早智子 若井新一 奥坂まや 稲畑廣太郎
日本の俳人100
伊東肇句集『多摩川』
新作7句 「神の島」/俳句とわたし/自選20句抄 伊東肇
伊東肇の人と作品 中村青彦
一句鑑賞 老川敏彦 浅井民子 岩崎健一 上谷昌憲
落合水尾句集『円心』
新作7句 「秋澄む」/俳句とわたし/自選20句抄 落合水尾
落合水尾の人と作品 田口紅子
一句鑑賞 高橋悦男 井上康明 原霞 今瀬一博
角川俳句賞受賞第一作21句
兎の眼 遠藤由樹子
今日の俳人 作品7句
秋の雨 染谷秀雄
富士薊 大場鬼怒多
皃 谷口智行
秋 杉浦圭祐
精鋭10句競詠
末枯れ切るまで 堀本裕樹
鮭遡上 中本真人
サンタクロース 小川楓子
かまきり−言葉に似て非なる 福田若之
俳人スポットライト
月光 奈良英子
冬桜 松井トシ
秋天 町田静子
軌跡 増田守
特別寄稿 「ゆさはり句会」と三橋鷹女〈前編〉 川名大
「角川ジュニア俳句」入賞作品発表!
合評鼎談〈12〉『俳句』10月号を読む 確かな批評が新たな名句を生む 行方克巳 中原道夫 神野紗希
連載
〈鑑賞〉俳句の時空〈33 最終回〉クリスマス一夜 高野ムツオ
季語探訪 ゆたかなる日本のことば〈45〉井月の評価−子規の先蹤者〈1〉 宮坂静生
今すぐ役立つ! 実作のための文語文法〈11〉「ず」「じ」「まじ」を使ってみる 佐藤郁良
こだわりの俳句講座−俳句は作った後が面白い〈第24講 最終回〉俳句の短さについて 岸本尚毅
龍太の謎、幻の山河〈7〉龍太の夢 高柳克弘
現代俳句時評〈12 最終回〉自己変容の必然と危険 関悦史
平成俳壇
〈題詠〉〈雑詠〉発表!/選者より 津川絵理子‖〈題詠〉選 伊藤敬子‖〈雑詠〉選 朝妻力‖〈雑詠〉選 出口善子‖〈雑詠〉選
俳壇ニュース
俳句で脳トレ!俳句クロスワード 小林貴子‖問題制作
新刊サロン
1頁書評
名取里美が評するKADOKAWAの新刊 名取里美
読者アンケートのお願い
棚番号 F28
分野 俳句
利用対象 一般
保存期限 5年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

所蔵数:1冊 貸出数:0冊 予約数:0件
所蔵館所蔵数
総合市民図書館1冊
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
0010401586 総合館   H F28 062 書庫にあります。職員におたずねください。

検索条件指定へ戻る