資料詳細


【書誌情報】


誌名 俳句
巻号 2016−10 2016.09.24 S 000841 V 0065 N 0011
発行所 角川書店
価格 920円
大きさ 21cm
刊行頻度 月刊 25日発売
特集名 「病牀六尺」の豊饒
特別作品50句 鷹羽狩行
俳句の窓から(最終回)ゲスト高橋睦郎
カラー口絵
俳句の「窓」から−異分野との対話〈最終回〉ゲスト 高橋睦郎(詩人)
俳人の愛した風景〈14〉橋本多佳子(小倉・櫓山荘) 倉橋みどり‖文
季語で楽しむ 俳句ごよみ 神無月 谷口智行‖文・選
結社歳時記 梛
口絵
俳壇ヘッドライン 第19回俳句甲子園 速報!第62回角川俳句賞選考会
特別作品
50句
天日 鷹羽狩行
21句
処暑の浜 棚山波朗
樹海 恩田侑布子
大特集 「病牀六尺」の豊饒 半径1メートルの世界を詠む
随筆 病牀の子規 糸瓜の句 坪内稔典
病床に生まれた名吟
松本たかし 造化多忙 阪西敦子
石田波郷 息吐けと 鈴木しげを
野見山朱鳥 いのちの描写『愁絶』の世界 中岡毅雄
折笠美秋 長い嘆きと苦悩をこえて 澤好摩
村越化石 自然との合一 仲寒蝉
夭折俳人たちの、いのちの一句
芝不器男 推敲の奇蹟 堀田季何
篠原鳳作 「切実さ」と抒情の変容 安里琉太
森田愛子 虹あるところへ 日下野由季
福永耕二 「不可知」こそ墓碑銘 中村安伸
正木浩一 ある日の扇風機 正木ゆう子
攝津幸彦 告知を避けつつ言葉を通って 関悦史
田中裕明 爽やかに 俳句の謎を明かすことについて 生駒大祐
身近な世界を詠む 太田土男 清水青風 細谷喨々 神野紗希
作品
16句
合歓は実に 増成栗人
四時 岩城久治
8句
捨て身 増田河郎子
ユーフォー 星野光二
夜長 山川幸子
ななかまど 松村多美
山住み 中澤康人
酷暑 石井いさお
12句
山開 古田紀一
一位の実 柴田多鶴子
秋の空 山田真砂年
どてつ腹 鹿又英一
樹幹流 中坪達哉
きれはし 青山茂根
今日の俳人 作品7句
葛の花 山内利男
嫌な文字 齋藤一湖
平和宣言 飯野幸雄
にいにい蝉 中川雅雪
百合の息 益岡茱萸
水泡 椎野順子
蠍の祈り 原千代
精鋭10句競詠
秋の風 大西朋
かぎりなく 仮屋賢一
俳人スポットライト
えのこ草 上田貴美子
早稲の花 日比野里江
俳句の「窓」から−異分野との対話〈最終回〉本当の自由を得るために 高橋睦郎〈詩人〉‖ゲスト 西村和子‖聞き手
角川俳句賞作家の四季 秋
大切な日 遠藤由樹子
日本の俳人100
大牧広『地平』
新作7句「大花野」/俳句とわたし/自選20句抄 大牧広
大牧広の人と作品 酒井佐忠
一句鑑賞 池田澄子 寺井谷子 行方克巳 仙田洋子
新メンバー 合評鼎談〈第4期〉『俳句』8月号を読む 確かな批評が新たな名句を生む 高野ムツオ 土肥あき子 大谷弘至
連載
季語探訪 ゆたかなる日本のことば〈55〉満蒙開拓〈1〉 宮坂静生
虚子式・俳句上達法! 埋字で学ぶ五・七・五〈5〉 岸本尚毅
名言のウラ側〈7〉山口青邨 東西に四Sあり 岩井英雅
今すぐ役立つ! 実作のための文語文法〈21〉代名詞・オノマトペを効果的に用いる 佐藤郁良
龍太の謎、幻の山河〈17〉龍太俳句の映像の力〜兜太の造型俳句論を補助線に 高柳克弘
今月の気になる季語〈4〉竜田姫・竜淵に潜む・碇星・ペガサス 内田春菊
平成俳壇
〈題詠〉〈雑詠〉発表! 小笠原和男‖〈題詠〉選 山西雅子‖〈雑詠〉選 伊藤敬子‖〈雑詠〉選 朝妻力‖〈雑詠〉選 出口善子
俳壇ニュース
新刊サロン
1頁書評
柘植史子が評する角川書店の新刊 柘植史子
読者アンケートのお願い
棚番号 F28
分野 俳句
利用対象 一般
保存期限 5年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

所蔵数:1冊 貸出数:0冊 予約数:0件
所蔵館所蔵数
総合市民図書館1冊
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
0010444107 総合館   H F28 062 書庫にあります。職員におたずねください。

検索条件指定へ戻る