資料詳細


【書誌情報】


誌名 dancyu
巻号 2017−3 2017.02.06 V 0027 N 0003
発行所 プレジデント社
価格 960円
大きさ 28cm
刊行頻度 月刊 6日発売
特集名 愛のある日本酒がほしい。
日本酒を相撲にたとえたら。
福島県郡山市田村町で、「自然酒」という酒を造り続ける、創業306年「仁井田本家」が考えていることとは?
日本酒は魚に合うと言われるけれど、結局どれが一番合うのか?料理人が飲み比べて選んだ19本!
124本から選ばれたベストオブ魚酒 磐城壽
定番料理に、この4本! 扶桑鶴・日高見・丹澤山・二世古
和の料理人が惚れ込む 浦霞・若波・天の声
洋のシェフが嫉妬する 田中六五・みやさか・風の森
酒屋の店主が推す8本 澤の花・菊鷹・車坂・石鎚・宝剣・南・出雲富士・万齢
東京都内全10蔵の日本酒を自販機で。
酒鍋 「人形町きく家」女将が教える“純米酒のしゃぶしゃぶ”と“濁り酒の寄せ鍋”
甘い酒が好き 広島「華鳩」に教わる貴醸酒のこと。
茶碗酒トーク。
肉に合う日本酒があるのだ。
肉と一緒にパワー炸裂。ザ・肉食好適酒 不老泉・七本鎗
パワフルな肉料理にはストロングな酒! 日置桜・竹鶴・白影泉
軽やかな肉料理は甘酸っぱさが肝 梅乃宿・酒屋八兵衛・大信州・菊姫
肉脂に負けないどぶろく&にごり 民宿とおの・天青
熊本と9号酵母 震災後9ケ月の香露・瑞鷹・花の香を巡る
熱燗がいい。
ガストロノミーな燗酒つまみ 紅芋と帆立のグラタン/カリフラワーと鶏肉のフリカッセ
杜氏として生きる 茨城「御慶事」の箭内和広杜氏に聞く
森枝幹の「パクチーだけど日本酒。」 キウイとパクチーのサラダ/パクチーの佃煮と豚しゃぶ/鰤のアジアン刺身 パクチーの根っ
日本酒を、香りで選んじゃだめですか?
甘やかな香りだが料理に合う AKABU・一白水成・鳳凰美田・紀土・月桂冠
果物のような香りで飲み飽きしない 冩楽・醸し人九平次・廣戸川・天満月・横山五十
日本酒の香りはどこから来るの? 美田・玉川・菊正宗・花巴・川鶴
情熱の酒販店ガイド52
掲載した日本酒103本を一挙公開!
永楽食堂には、愛がある
もつ鍋、もつ焼き、もつ煮込みinトーキョー
東京でうまかもつ鍋食べに行かんね
「遊食亭ばり博多」麻布十番
「もつ焼き勝利」三軒茶屋
「博多もつ処煌梨恵比寿店」恵比寿
もつ焼きは物語。
「喜美松」浅草
「もつやきばん」祐天寺
「秋田屋」大門
コンテンポラリーもつ煮込み
「肉焼屋はなれ」新宿三丁目
「もつ焼き煮込み鶴田」神田
「二鷹」千駄木
「もつ焼きでん」中目黒
ウマい町2周目〈4〉大阪の箱寿司
特別広告企画
輝きの日本酒!
dancyu「ニュー・ルポルタージュ」〈7〉99年目の「サンボア」〈後篇〉
連載
台所の時間 平松洋子 日置武晴‖撮影 吉富貴子‖イラスト
築地、旬ばなし 福地享子 平野太呂‖撮影
京の台所、錦市場からちょっと悩んでみた。それで自由になったのかい? バッキー・イノウエ 打田浩一‖撮影
料理を結婚 姫野カオルコ 小山萌江‖イラスト
東京で十年。 井川直子 長野陽一‖撮影
注文の多い映画館 汲田亜紀子 フジマツミキ‖イラスト
私的読食録 堀江敏幸 本多康司‖撮影
閉店します 鈴木美樹 佐々木ケイ‖文 佐内正史‖撮影
一食入魂 小山薫堂
或るバーテンダー 木村俊介 鈴木心‖撮影
トピックス
カリ〜番長、どこへ行く!? 史上最強のアマチュアからプロフェッショナルへ
スペインは日本酒を待っている バルセロナで大盛況だった酒ペアリングのイベントをリポート
取り寄せカタログ
天然とらふぐの白子
餃子部通信
新しい店〈3〉「松喜」東京・中野
ギフトカタログ案内
予約購読のご案内
バックナンバー常設書店ご案内
次号予告&編集後記
分野 料理・栄養
利用対象 一般
保存期限 3年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

所蔵数:1冊 貸出数:0冊 予約数:0件
所蔵館所蔵数
南市民図書館1冊
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
1004595102 南館   J15 009 [南 新聞・雑誌・ヤングアダルト]に在庫しています。

検索条件指定へ戻る