資料詳細


【書誌情報】


誌名 短歌
巻号 2017年6月号 2017.05.25 S 000834 V 0064 N 0006
発行所 角川書店
価格 990円
大きさ 21cm
刊行頻度 月刊 25日発売
誌名の注記 総合館永年保存分担雑誌 六市協定保存雑誌
特集名 完全保存版全93ページ いまこそ空穂
対談 伊藤一彦×西村和子
巻頭作品31首
とある日 小池光
春の家族 加藤治郎
海ぶどう 吉川宏志
空色の花 大口玲子
巻頭作品10首
亀の耳まで 長澤ちづ
あかき耳 福井和子
星雲 大滝和子
春のことのは 大谷雅彦
大特集 いまこそ空穂 窪田空穂生誕百四十年・没後五十年
総論 窪田空穂の現代的な魅力 人間の実像に迫る 篠弘
座談会「空穂を大いに語り合う」 馬場あき子 島田修三 内藤明 米川千嘉子‖司会
論考 空穂短歌の真髄
心の微震を詠う−空穂の短歌観 三枝昂之
空穂の作歌法 高野公彦
空穂の「われ」とは何か 三枝浩樹
全歌集を読む
明治期〈1〉『まひる野』の時代 空穂の青春彷徨 中根誠
明治期〈2〉『明暗』『青みゆく空』(『空穂歌集』)の時代 浪漫性から現実性に 小柳素子
大正期〈1〉『濁れる川』『鳥声集』『泉のほとり』の時代 「人情」でなく「写生」でなく 今井恵子
大正期〈2〉『土を眺めて』『朴の葉』『青水沫』の時代 亡妻思慕と陰鬱 大下一真
大正期〈3〉『鏡葉』の時代 人間批評の歌 柳宣宏
昭和期〈1〉『青朽葉』『さざれ水』『郷愁』『冬日ざし』『明闇』の時代 忘るる得たり 今野寿美
昭和期〈2〉『茜雲』『冬木原』『卓上の灯』『丘陵地』『老槻の下』の時代 「生くる命」の大きさ 田村広志
昭和期〈3〉『木草と共に』『去年の雪』『清明の節』の時代 自在な老いの境地 玉井清弘
論考 多彩な文学性
空穂の出発 内なる声を聞く人−その事始め− 坂井修一
味わい深い随筆 チゴチゴの花のことなど 上村典子
空穂長歌の魅力 人間性の真理 辰巳泰子
「評釈」する空穂 「評釈」という方法の新しさ 柴田典昭
論考 空穂の人間力
『亡妻の記』を読む 筺底の思い出 大井学
空穂という人 余裕のあるひと 岩内敏行
エッセイ 生身の空穂のこと わが空穂 岩田正
空穂山脈、その人脈と人望 恩人と終生の友 永井正子
空穂を継ぐもの
窪田章一郎「まひる野」 その歌の基底にあるもの 橋本喜典
植松壽樹「沃野」 空穂・壽樹・「沃野」 鈴木美江子
松村英一「国民文学」 批評の言葉を待って 御供平佶
都筑省吾「槻の木」 師をてこずらせた弟子 来嶋靖生
武川忠一「音」 空穂からの枝分かれ 小塩卓哉
馬場あき子「かりん」 古典の流れに求める歌風 松村由利子
三枝昂之「りとむ」 短歌観の承継 田村元
一首鑑賞 佐佐木幸綱 寺尾登志子 中川佐和子 大森静佳 久我田鶴子 藤原龍一郎 江畑實 山田航 横山岩男〔ほか〕
窪田空穂年譜
空穂系結社全体図
窪田空穂記念館紹介
連載エッセイ 戦争と少女〈第14回〉労働そして献血 馬場あき子
コラム うたの名言 高野公彦
カラーグラビア対談 31文字の扉 詩歌句の未来を語る
題詠「雨」 伊藤一彦 西村和子 永石勝‖写真
第51回迢空賞発表
受賞のことば 橋本喜典
歌集『行きて帰る』五十首抄 橋本喜典
選考委員選評 岡野弘彦 佐佐木幸綱 高野公彦 馬場あき子
日本の伝統色を詠む〈第5回〉緑青 萩岡良博
歌壇時評
歳月を抱える歌 松村正直
「わからない」というレッテルを剥がしてから 瀬戸夏子
短歌月評
〈1〉 山田富士郎
〈2〉 田宮朋子
歌集歌書を読む 林田恒浩
作品12首
淡紅の坂 斎藤すみ子
長崎日記 上川原紀人
山鳩 桜井登世子
辛夷褪す 伊勢方信
雛まつりから桜まで 小嵐九八郎
道場に立つ 王藤内雅子
作品7首
春の大阪 本土美紀江
海の音 中村達
医院小景 三川博
青き異界 東山魁夷展 小原文子
老いゆく影 影山一男
連載
新鋭14首+同時W鑑賞 負け戦 馬場めぐみ 桑原正紀‖鑑賞 梅内美華子‖鑑賞
詩の点滅−現代詩としての短歌〈49〉多田智満子の詩と歌〈つづき〉 岡井隆
歌のある生活〈23〉夕暮れと漂う帽子 島田修三
平安の女友達〈8〉紫式部〈3〉 酒井順子
やさしく、茂吉〈38〉渡欧葉書香港及びウイーンから 秋葉四郎
作品連載 季節の歌〈18〉4月 花山周子
日本歌紀行〈39〉大阪 田中章義
書評
波汐國芳歌集『警鐘』 佐藤通雅
阪森郁代歌集『歳月の気化』 佐藤弓生
西村慶子歌集『むさしあぶみ』 工藤こずゑ
正古誠子歌集『のこるおもひを』 中野昭子
糸川雅子歌集『橋梁』 佐波洋子
穴澤芳江著『我が師、葛原妙子』 田村広志
藤岡武雄著『斎藤茂吉 生きた足あと』 秋葉四郎著『茂吉入門−歌人茂吉 人間茂吉』 大島史洋著『斎藤茂吉の百首』 川本千栄
高柳蕗子著『空はともだち? 短歌の酵母K』 田中槐
全国結社・歌誌動向
万象
青南
棚番号 F29
分野 短歌
利用対象 一般
保存期限 永年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

図書館に所蔵しておりません。

検索条件指定へ戻る