資料詳細


【書誌情報】


誌名 法セミ−法学セミナー−
巻号 2017/07 2017.07.01 S 000750 V 0062 N 0007
発行所 日本評論社
価格 1512円
大きさ 26cm
刊行頻度 月刊 12日発売
誌名の注記 法学セミナー改題
特集名 取調べの可視化とは何だったのか
特集 取調べの可視化とは何だったのか
取調べの可視化と刑事司法制度 何のための刑訴法改正だったのか 白取祐司
取調べ可視化論の過去と現在 稲田隆司
取調べの可視化が弁護活動にもたらすもの 坂根真也
録音・録画記録媒体を実質証拠として用いることの許否とその条件 石田倫識
取調べ制度の改革・適正化のために 国際的視点から 山田直子
取調べにおける弁護人立会いの必要性 録音・録画だけで取調べの適正化は実現するか 関口和徳
裁判員裁判と取調べ録音・録画 「撮ること」の重要性と「見ること」の危険 安部祥太
法学者の本棚
最高裁という「異界」 藤田宙靖『最高裁回想録−学者判事の七年半』 渡辺康行
ロー・ジャーナル
トランプ大統領による入国禁止令と司法〈1〉 福嶋敏明
ロー・アングル
新連載 熊本地震と法律学の役割〈1〉復興期における住宅再建支援策−公費投入の是非を中心に 大脇成昭
裁判所は人生劇場〈4〉生活保護費支給まで数時間 北尾トロ
ロー・クラス
統治機構論探訪〈3〉インフォーマルな憲法秩序 赤坂幸一
改正民法講座〈1〉契約の基本的効力編〈4〉債権者の責めに帰すべき事由と債務者の免責 山口幹雄
債権法講義〈各論〉〈15〉契約の解除〈その2〉 河上正二
株式会社法の基礎〈18〉少数株主の締め出しと対価の不当性〈2〉 久保田安彦
応用刑法〈1〉総論〈22〉間接正犯と共同正犯・教唆犯 大塚裕史
刑事訴訟法の思考プロセス〈16〉訴因論の思考プロセスとその活用〈その1〉訴因の特定・明示 斎藤司
最新判例演習室
憲法 堀口悟郎
行政法 人見剛
民法 松浦聖子
商法 土岐孝宏
民事訴訟法 上田竹志
刑法 門田成人
刑事訴訟法 中島宏
労働法 山下昇
ライブラリー
ブック・レビュー 白取祐司=著『刑事訴訟法〈第9版〉』 緑大輔
新刊ガイド
ロー・フォーラム
裁判と争点
立法の話題
最新立法インフォメーション
コラム
司法書士の生活と意見
弁護士事件ファイル
判事補メモ
棚番号 D45
分野 法学・政治学
利用対象 一般
保存期限 永年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

所蔵数:1冊 貸出数:0冊 予約数:0件
所蔵館所蔵数
総合市民図書館1冊
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
0010478857 総合館   H D45 070 書庫にあります。職員におたずねください。

検索条件指定へ戻る