資料詳細


【書誌情報】


誌名 短歌
巻号 2017年11月号 2017.10.25 S 000839 V 0064 N 0011
発行所 角川書店
価格 950円
大きさ 21cm
刊行頻度 月刊 25日発売
誌名の注記 総合館永年保存分担雑誌 六市協定保存雑誌
特集名 第63回角川短歌賞発表
読書週間特別企画 読書の底力
巻頭作品31首
夏の事情 馬場あき子
水の連祷 三枝浩樹
漠たる哀愁 香川ヒサ
巻頭作品10首
蓮あらず 安田純生
天幕 三井修
〈遣唐使のものがたり〉再び唐都へ!〜船の生き残り四人、崑崙国を脱出し安南都護府を経て都を目指す〜 紀野恵
甘きひびきを 横山未来子
ボルト、ナット 小島なお
受賞作品50首
十七月の娘たち 睦月都
受賞のことば
選考結果
次席作品50首
膨らんだ風船抱いて カン・ハンナ
佳作50首
髭と詩と 滝本賢太郎
やがて孵る 辻聡之
巣立ち 清水良郎
ナイルパーチの鱗 知花くらら
選考座談会 濃厚に漂う詩精神 伊藤一彦‖選考委員 永田和宏‖選考委員 小池光‖選考委員 東直子‖選考委員
総論 読書の底力
想像にあそぶ 三枝昂之
私のオールタイムベスト5
論作の出発点に 篠弘
さらばとは永久に男のことば 福島泰樹
短歌とはこういうものだと刷り込まれた五冊 穂村弘
コラム この帯がすごい
著者と読者をつなぐ言葉 田村元
〈体験記〉書店で一万円分本を買う 岡山大学短歌会
〈書棚拝見〉歌人の書棚 佐藤通雅
特別企画 角川源義生誕百年 文学と出版への想い
角川歴彦インタビュー 角川歴彦 編集部
角川源義の短歌 岡野弘彦
連載エッセイ 戦争と少女〈第19回〉戦局の不安に怯えつつ 馬場あき子
コラム うたの名言 佐佐木幸綱
カラーグラビア対談 31文字の扉 詩歌句の未来を語る 春日真木子 中西進 永石勝‖写真
日本の伝統色を詠む〈第10回〉朱色 浜田康敬
歌壇時評
子規をめぐって 中津昌子
38度の熱を出しながら書いたとりとめない時評 山田航
短歌月評
〈1〉 奥田亡羊
〈2〉 田中槐
歌集歌書を読む 古谷円
作品12首
この惑星に 井上美地
婆伽梵のパパ 小林サダ子
また帰り来む 楠田立身
全遺骨DNA鑑定制度成る−二十九年七月、国の責任で全戦没者遺骨DNA鑑定制度となる 田村広志
ジャスミン 渡英子
泡ぶく 小黒世茂
今年のさくら 桑山則子
海辺にて 柳宣宏
日避け 上村典子
蝉が歌つてる 小川真理子
作品7首
忘るな 本渡真木子
鳥鍋 山中律雄
布製の部屋 岸並千珠子
Googol 藤野早苗
古びた音 山田未来穂
魚の手 浦河奈々
風のしっぽ 里見佳保
秋の子供 山崎聡子
神の小浜へ 永廣禎夫
絲のほろほろ 林博子
連載
新鋭14首+同時W鑑賞 追突事故処理前後の顛末 小島一記 谷岡亜紀‖鑑賞 高柳蕗子‖鑑賞
歌のある生活〈28〉観察の楽しみ 島田修三
平安の女友達〈13〉藤原道綱母〈3〉 酒井順子
やさしく、茂吉〈43〉箱根山荘茂吉書斎〈3〉 秋葉四郎
作品連載 季節の歌〈23〉9月 花山周子
日本歌紀行〈44〉東京 田中章義
くぢらの尻尾〈4〉西田政史の新歌集と「早稲田文学」増刊「女性号」 岡井隆
書評
中西輝磨歌集『海港』 石井利明
大松達知歌集『ぶどうのことば』 大下一真
関場瞳歌集『流体力学』 平林静代
染田一郎歌集『白い手』 栗明純生
全国結社・歌誌動向
サキクサ
国民文学
あるご
歌壇掲示板
読者の声
第4回大学短歌バトル2018開催概要
第64回角川短歌賞応募規定
『短歌』バックナンバー紹介
『短歌』定期購読のご案内
編集後記/次号予告
題詠「帯」を詠う発表 遠役らく子‖選
角川歌壇 森山晴美‖選 杜澤光一郎‖選 三井ゆき‖選 加藤治郎‖選
応募規定
棚番号 F29
分野 短歌
利用対象 一般
保存期限 永年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

図書館に所蔵しておりません。

検索条件指定へ戻る