資料詳細


【書誌情報】


誌名 俳句
巻号 2018−9 2018.08.25 S 000864 V 0067 N 0009
発行所 角川書店
価格 920円
大きさ 21cm
刊行頻度 月刊 25日発売
特集名 添削で学ぶ作句術
特別作品50句 小川軽舟
私の好きな秋の季語
カラー口絵
季語と俳人 中原道夫
本文 中原道夫
結社歳時記 天塚
日本の鳥たち〈9〉百舌/鵙 大橋弘一‖撮影・解説
口絵
俳壇ヘッドライン 第29回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞授賞式 「たかんな」創刊25周年祝賀会 「海」35周年記念祝賀会
特別作品
50句
父の汗 小川軽舟
21句
拡声器 山尾玉藻
一の字 恩田侑布子
作品
16句
挽歌の蝶 藤木倶子
地水火風 水内慶太
僕は今 坪内稔典
8句
師の墓前 小檜山繁子
熱帯夜 吉田成子
茶草場 関森勝夫
新豆腐 佐藤麻績
揚羽 酒井弘司
12句
無垢の胡桃 安部元気
息 大石雄鬼
夜の噴水 辻内京子
初雁 宮田勝
アイヌ文様 今瀬一博
大特集 添削で学ぶ作句術
総論 添削を自分の力に
かけがえのなき一語を求めて 藤本美和子
添削のプロが教える!上達のポイント
景の鮮明さと深みの追求を 若井新一
寄り添う言葉 鳥居真里子
詩の種を開花させるために 岩岡中正
助詞ってスゴイ! 夏井いつき
自分を変えたあの「添削」 岩淵喜代子 西山常好 大竹多可志 如月真菜 西山ゆりこ 兼城雄
四季彩々
私の好きな秋の季語 使いたい秋の季語
季語は人生の標 大牧広
季語の現場で詠む 茨木和生
季語の親しみ 仲村青彦
空も水も「心」も澄む秋 藤田直子
見えないものを五感で詠む 今橋眞理子
季語に導かれて 依光正樹
思いつくままに 冨田拓也
特別レポート
水の上に、水のひびき ポール・クローデル展記念シンポジウム 今に生きる前衛としての古典−詩人大使クローデルの句集『百扇帖
特別寄稿 「支那事変六千句」八十年目の真実−皇軍へのバイアスと捏造−〈後編〉 川名大
特別対談 ことばの力 柳田邦男 アーサー・ビナード
新刊サロン
斎藤夏風句集『辻俳諧以後』 行方克巳
花谷清句集『球殻』 坂口昌弘
大牧広著『俳句の味方』 大西朋
石寒太編著『金子兜太のことば』 進藤剛至
新刊案内
今日の俳人 作品7句
捕虫網 唐澤南海子
八月大名 藤勢津子
家洗ふ 井上論天
星に寝る 照屋眞理子
潮の音 陽美保子
海月の骨 金子敦
精鋭10句競詠
手招き 松尾清隆
子やぎ 前北かおる
俳人スポットライト
柿の秋 黒滝志麻子
月光 加藤哲也
稲光 依田百合
糸口 青木文子
合評鼎談〈9〉『俳句』7月号を読む 確かな批評が新たな名句を生む! 小澤實 関悦史 村上鞆彦
連載
弘美の名句発掘〈21〉亡きひとへ通わす心 井上弘美
俳句旅枕〈20〉飛島〈2〉 渡辺誠一郎
宇宙のなかの孤独−近代人一茶〈9〉煎茶の近代性−一茶、樗堂そして漱石〈3〉 大谷弘至
男のドラマ女のドラマ〈23〉 相子智恵
名言のウラ側〈30〉上田五千石 空気の配置に感応する 岩井英雅
虚子式・俳句上達法!〈28〉 埋字で学ぶ五・七・五 岸本尚毅
宇宙歳時記〈22〉月は見ている以上に面白い 布施哲治
平成俳壇
〈題詠〉〈雑詠〉発表! 井上康明‖〈題詠〉選 出口善子‖〈雑詠〉選 岩岡中正‖〈雑詠〉選 名村早智子‖〈雑詠〉選 対馬康
俳壇ニュース
大阪俳句史研究会「俳句史を考える」青木亮人・坪内稔典対談/第17回「七夕まつり」俳句四季大賞贈呈式/第3回復興いわき「海
読者アンケートのお願い
棚番号 F28
分野 俳句
利用対象 一般
保存期限 5年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

所蔵数:3冊 貸出数:1冊 予約数:0件
所蔵館所蔵数
総合市民図書館1冊
南市民図書館1冊
辻堂市民図書館1冊
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
0010539641 総合館   F28 062 [総 雑誌1]に在庫しています。
1004786107 南館   E14 062 [南 新聞・雑誌・ヤングアダルト]に在庫しています。
2004001638 辻堂館   D17 062 貸出中です。

検索条件指定へ戻る