資料詳細


【書誌情報】


誌名 俳句
巻号 2018−12 2018.11.25 S 000867 V 0067 N 0012
発行所 角川書店
価格 920円
大きさ 21cm
刊行頻度 月刊 25日発売
特集名 秀句をつかむための「歳時記」徹底活用
特別作品50句 正木ゆう子
追悼 岡本眸
カラー口絵
座談会 歳時記の過去・現在・未来 片山由美子 長谷川櫂 神野紗希
季語と俳人 池田澄子
本文 池田澄子
日本の鳥たち〈12〉鴛鴦 大橋弘一‖撮影・解説
口絵
俳壇ヘッドライン 「銀化」創刊20周年記念大会 「天塚」創刊40周年記念祝賀会 「煌星」15周年記念祝賀会 「甘藍」創刊
特別作品
50句
風聞草 正木ゆう子
21句
秋の暮 茨木和生
メネ・メネ・テケル・ウパルシン 関悦史
作品
16句
産土 九鬼あきゑ
ことば 対馬康子
卑弥呼の唇 木暮陶句郎
8句
鷹柱 八染藍子
冬に入る 二ノ宮一雄
熊の糞 菅野孝夫
痩せぎす 古田紀一
柿日和 白岩敏秀
イニシャルK 河野薫
12句
菊日和 松本ヤチヨ
秋深む 津森延世
家鴨の列 ふけとしこ
剥製師 高岡修
小桟橋 鹿又英一
一つ星 松澤雅世
大特集 秀句をつかむための「歳時記」徹底活用
歳時記使いこなし術
言葉を鍛える 原雅子
当世社会情況と歳時記 久保純夫
見てから読むか読んでから見るか 今井聖
大歳時記を持とう 白濱一羊
綺麗な人達 櫂未知子
歳時記の歴史
歳時記の歩んできた道 塩見恵介
私の愛用歳時記 石井いさお 谷中隆子 井上弘美 山西雅子 小津夜景
シリーズ 宇多喜代子の「今、会いたい人」
猟師にきく、山の話 千松信也〈猟師〉‖ゲスト 宇多喜代子‖聞き手
角川俳句賞受賞第一作21句
螽斯の真昼 鈴木牛後
忘れ得ぬ言葉 西村和子
日常からの深い思想 酒井佐忠
第40回角川源義賞/第16回角川財団学芸賞/第5回城山三郎賞発表
合評鼎談〈12〉『俳句』10月号を読む 確かな批評が新たな名句を生む! 小澤實 関悦史 村上鞆彦
新刊サロン
柘植史子句集『雨の梯子』 山田真砂年
辻村麻乃句集『るん』 橋本直
山田耕司句集『不純』 トオイダイスケ
筑紫磐井編著『虚子は戦後俳句をどう読んだか−埋もれていた「玉藻」研究座談会』 堀下翔
松野苑子が評する角川書店の新刊 松野苑子
新刊案内
今日の俳人 作品7句
枯れない樹 高橋道子
月見せむ 原田暹
尾灯 佐藤文子
神御衣織る 坂口緑志
紫苑を発す 山田讓太郎
秋の水 杉浦圭祐
精鋭10句競詠
ふぐるま 福田若之
仰臥 樫本由貴
俳人スポットライト
虫の声 杉本征之進
落石 依田善朗
余熱 三好美津子
ジパング 花野くゆ
連載
弘美の名句発掘〈24〉表現の多様性 井上弘美
俳句旅枕〈23〉秋田市・八郎潟町 渡辺誠一郎
宇宙のなかの孤独−近代人一茶〈12〉煎茶の近代性−一茶、樗堂そして漱石〈6〉 大谷弘至
男のドラマ女のドラマ〈26〉 小野あらた
名言のウラ側〈33〉中村汀女 台所からの取材がどうしていけないのか 岩井英雅
虚子式・俳句上達法!〈31〉埋字で学ぶ五・七・五 岸本尚毅
平成俳壇
〈題詠〉〈雑詠〉発表! 井上康明‖〈題詠〉選 対馬康子‖〈雑詠〉選 今井聖‖〈雑詠〉選 嶋田麻紀‖〈雑詠〉選 星野高士‖
俳壇ニュース
「壺の碑」全国俳句大会/奥山方広寺観月の夕べ俳句大会/神奈川大学全国高校生俳句大賞予選選考会/現代俳句全国大会/パラソル
読者アンケートのお願い
棚番号 F28
分野 俳句
利用対象 一般
保存期限 5年
資料形態 雑誌
言語 日本語

【蔵書情報】

検索結果の見方

所蔵数:3冊 貸出数:1冊 予約数:0件
所蔵館所蔵数
総合市民図書館1冊
南市民図書館1冊
辻堂市民図書館1冊
資料ID所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
0010551422 総合館   F28 062 貸出中です。
1004796825 南館   E14 062 [南 新聞・雑誌・ヤングアダルト]に在庫しています。
2004013666 辻堂館   D17 062 [辻 新聞・雑誌コーナー]に在庫しています。

検索条件指定へ戻る