オススメの本

どの本も、書名をクリックすると書誌情報にジャンプします。気になる本を見つけたら、クリックしてネ。

”植物からのプレゼント!!”

世界には、とんでもなく不思議な木や花がある!いやいや、見慣れた植物も、よく知れば、とんでもなく不思議なことがいっぱい!!
新緑の季節に、植物の本を眺めてみませんか?図鑑だけでなく、植物からのプレゼントのような絵本や小説も紹介します!

プラントハンター−命を懸けて花を追う−

プラントハンター−命を懸けて花を追う−

西畠清順/著
徳間書店

植物を求め、世界中を探検・冒険する人。それがプラントハンター。今、大活躍のプラントハンター、西畠氏が、初めてしたプラントハンティングやこれまでの冒険などを語った本。植物の力、人の情熱が熱く伝わってくる。西畠氏が世界中の珍しい植物を紹介した本「そらみみ植物園」もオススメ。

植物図鑑

植物図鑑

有川浩/著
角川書店

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか」ある日、家の前でイケメンを拾ったさやか。樹という名の彼は植物に詳しく、二人はつくしやノビルなどの山菜を採って料理したりと、幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、「ごめん。またいつか。」という書き置きを残して樹がいなくなり…。

おもしろ植物図鑑−マンガと写真でゆる〜く楽しむ、草花の魅力−

おもしろ植物図鑑
−マンガと写真でゆる〜く楽しむ、草花の魅力−

花福こざる/著
誠文堂新光社

みんなも良く知っている植物を4コマまんがでおもしろく紹介する。花の名前が漢字で載っていたり、植物の全体像や細部の写真等、花屋さんならではの情報も満載。マンガだけ読んでもとってもおもしろい一冊。

世界に10000種もある有毒植物−酸素もタネもチョコレートも植物のおかげ!−

世界に10000種もある有毒植物
−酸素もタネもチョコレートも植物のおかげ!−

ポール・ロケット/文 藤田千枝/訳
玉川大学出版部

南極や砂漠でも生きのびている植物。長生きの木の年齢は?楽しいイラストと写真でわかりやすく紹介する。植物の種の数から、板チョコに入っているカカオ豆の数まで、びっくりするようなゆかいな数から自然を見つめ直してみよう!

イチョウの大冒険−世界でいちばん古い木−

イチョウの大冒険−世界でいちばん古い木−

アラン・セール/作 ザウ/絵 松島京子/訳
冨山房インターナショナル

葉はハートの形のようであり、実は個性的なにおいを放つイチョウ。誰もが知っているイチョウは、恐竜が生きていた時代にすでに存在し、木によっては50メートル以上の大木だったとは、びっくり!
イチョウの長い歴史を追いかけてみませんか?

世界一うつくしい植物園

世界一うつくしい植物園

木谷美咲/文  森田高尚/監修
エクスナレッジ

くつろぐ人、スケッチをする人、写真を撮る人・・・植物園を訪れる人はさまざま。そんな、世界中の魅力あふれる植物園を紹介する。写真がどれも美しく、本をながめるだけでも楽しい一冊。神奈川や東京にある植物園も紹介されている。

おおきな木

おおきな木

シェル・シルヴァスタイン/作 村上春樹/訳
あすなろ書房

おおきな木は、大好きな少年のために自分の全てを与えていく。はっぱ、りんご、枝、幹までも・・・
すべてを捧げても木はしあわせを感じる。
あなたはこの絵本を読んで何を感じるだろう? 
原書“The giving tree”も図書館にあり。
翻訳と合わせて読んでみるのもおもしろいかも!
原書あります。

グリーン・グリーン

グリーン・グリーン

 

あさのあつこ/著
徳間書店

都会で失恋して、田舎の農林高校に赴任してきた翠川真緑(みどりかわ みどり)。真緑は1年2組園芸科の担任に。豚の201号と話せるようになったり、野菜や花を育てることに青春をかけている園芸科の生徒たちと泣いたり、笑ったり、一緒に成長していく。
最後に真緑の前に現れたのは・・・

きせきのお花畑

きせきのお花畑

藤原幸一/著
アリス館

砂漠にお花畑。目を疑うようなこの光景。1年に1度、アメリカ大陸のアタカマ砂漠に「カマンチャカ」という霧がおりたあと、息をのむようなお花畑が一面に現れるという。しかし、地球温暖化によって、その風景も失われつつある。
あなたもこのきせき、たしかめてみませんか。

わたしのタンポポ研究

わたしのタンポポ研究

保谷彰彦/著
さ・え・ら書房

身近な花の代表選手、タンポポ。
幼いころ、綿毛を飛ばしたり、花を摘んだりして遊んだこともあるはず。それもそのはず、日本は20種類のタンポポの咲く、タンポポの国なのです!!
その見慣れたタンポポをじっくり観察したレポート。タンポポの不思議な世界が見えてきます。

森ではたらく!−27人の27の仕事−

森ではたらく!−27人の27の仕事−

古川大輔/編著 山崎亮/編著
学芸出版社

豊かな森林に恵まれた日本。その森で働く人を特集。  林業や材木屋だけでなく、森で映画を撮った人、森の幼稚園を作った人など…
森で働いている人の話はどれもワクワクがたくさん!

ルビアンの秘密

ルビアンの秘密

鯨統一郎/作
理論社

8年前、小学3年生の自分を置いていった父に会いに行ったレイ。母との関係を清算して欲しくて離婚を迫るつもりだった。だが、マンションに入ると父がナイフで刺され、倒れていた。父がレイに遺したダイイングメッセージは「ルビアン…。」植物学者の父は娘に何を伝えたのか?そして、父を殺した犯人はだれ?

表紙の画像は出版社の許諾を得て掲載していますので、転載しないでください。

  • 図書館の使い方
  • YAコーナー紹介
  • 本をさがす
  • 利用者メニュー
  • オススメの本
  • YA通信
  • 図書館案内