オススメの本

どの本も、書名をクリックすると書誌情報にジャンプします。気になる本を見つけたら、クリックしてネ。

”お金と上手に付き合おう!”

お小遣いやバイト代、何に使っていますか?
お金は世の中を、どんなふうに回っているのでしょう?
生きていくのに欠かせない「お金」のこと、考えてみませんか?

レモンをお金にかえる法 “経済学入門”の巻

レモンをお金にかえる法 “経済学入門”の巻

ルイズ・アームストロング/ぶん ビル・バッソ/え
佐和隆光/やく
河出書房新社

本文はたったの32ページ!でも、この少ないページの中に、ちゃんと経済のしくみが書かれています。原書は1976年にアメリカで出版され、今でも読み継がれています。続編に、“インフレ〓不況〓景気回復”の巻もあります。

お金の悪魔−フェおばさんの経済学レクチャー−

お金の悪魔−フェおばさんの経済学レクチャー−

H.M.エンツェンスベルガー/著 丘沢静也/訳
小野寺舞/訳
晶文社

大金持ちのフェおばさんと、7才・14才・17才の三人の子ども達が、物語のように会話を楽しみながら、「お金とは何か」を教えてくれる本です。

シアワセなお金の使い方

シアワセなお金の使い方

南野忠晴/著
岩波書店

実際に学校の授業で行ったワークショップの事例を挙げていて、堅苦しくなく授業に参加をしているような気持ちになります。考えさせられる事例を始め、楽しくお金について学ぶことができます。

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

小川正人/著
フォレスト出版

アメリカでは子どもの頃から、経済のしくみを学ぶのは当たり前とされています。しかし日本では、経済を学ぶ機会は多くはありません。経済について知りたいけれど、どれを読んだら?と迷っている人。入門書としてぜひ読んでみて!

世界一やさしいお金と会計の教室

世界一やさしいお金と会計の教室

森田真里子/著
マガジンハウス

「家計簿のつけ方は?」、「モノの値段はどのようにして決められているか」など、身近に疑問に思うことがわかりやすく書かれている本です。

14歳からのお金の話

14歳からのお金の話

池上彰/著
マガジンハウス

昔々、お金がまだなかった時代、人々は物々交換をして暮らしていました。その後、金貨や銀貨が生まれ、今の形のお金になりました。そのいきさつは何だったのでしょうか? お金の歴史から、経済のことまで、池上彰さんが詳しく、わかりやすく解説してくれます!

いま君に伝えたいお金の話

いま君に伝えたいお金の話

村上世彰/著
幻冬舎

著者は10歳のときに父親から、大学までのおこずかいをまとめて全部貰いました。さて、著者はそれを何に使ったと思いますか?もしそれがあなただったら、何に使いますか???

10代からのマネー図鑑

10代からのマネー図鑑

 

マーカス・ウィークス/著 デレク・ブラッドン/監修
加藤洋子/訳
三省堂

「お金」にまつわるいろいろな話題が、図解とイラストでとてもわかりやすく書いてあります♪巻末に経済学者の人名録や、用語解説がのっているのもうれしい!

お金ってなんだろう?−あなたと考えたいこれからの経済−

お金ってなんだろう?−あなたと考えたいこれからの経済−

長岡慎介/著
平凡社

お金ってなに?資本主義って、金融って証券ってなに?イスラムでは無利子でお金を貸す仕組みがあるの!?中学生の質問に答える形で、お金について詳しく説明してくれる本!

金融業界の仕事図鑑−みんなが憧れるプロフェッショナルの世界−

金融業界の仕事図鑑−みんなが憧れるプロフェッショナルの世界−

加藤孝治/編著 小林博之/編著 西村優里/編著
中央経済社

街でよく見かける銀行や証券会社。その仕事は窓口業務だけではないのです!「金融業界で働く」ということが、リアルに見えてくる本です。

フェリックスとお金の秘密

フェリックスとお金の秘密

ニコラウス・ピーパー/作 天沼春樹/訳
徳間書店

「ぜったい金持ちになってやる!」12才のフェリックスと2人の仲間は、ある日決意します。3人は〈小人のなんでもや&Co.〉という会社を作り、仕事をはじめますが、ある日手に入れた古いクラリネットケースからみつかった金貨から、株取引、先物取引詐欺、金貨を巡る謎解きと、次々に大きな冒険にまきこまれていきます。「お金持ちになりたい!」そんな気持ちになった時、是非読んでみて下さい。

世界のお金事典

世界のお金事典

平井美帆/文
汐文社

日本では、野口英世に樋口一葉、福沢諭吉。世界のお金にはどんな人物が描かれているのでしょう?お金から、その国の文化が見えてきます。

表紙の画像は出版社の許諾を得て掲載していますので、転載しないでください。

  • 図書館の使い方
  • YAコーナー紹介
  • 本をさがす
  • 利用者メニュー
  • オススメの本
  • YA通信
  • 図書館案内